電力の安定供給に欠かせない設備の保守・点検を行い、事故を未然に防ぐ。
システム技術部 制御技術課 2010年4月入社(出身校:摂南大学)

私の仕事について

 入社して4年間は、茨城県の「日立パワーソリューションズ」に出向しました。鉄道関係や発電所に設置される製品を検査しながら、特高受変電設備について学びました。この設備は、変電所や発電所などに設置されており、安定した電力供給を行うために欠かせない設備です。

 また、全国に設置されている同社の製品の保護継電器の試験や絶縁抵抗測定などの点検業務のため、北海道から沖縄まで、全国各地に出張しました。倉敷の本社に異動した現在も、特高受変電設備の保守点検・修理を担当。加えて、太陽光発電設備の運用点検や設備の検査も行うようになりました。

 太陽光発電設備は西日本各地に設置されているので、いろんな地方に行けて楽しいです。私が4年間学んだ特高受変電設備は、岡山勤務の人たちが経験していない分野なので、今後、この仕事を拡大し、技術をみんなで共有したいと思います。

この仕事のやりがい・こだわり

 電気機器は、劣化すると漏電したり、ショートしたりして大きな事故の原因になることがあります。そのような事故を防ぐために、私たちは発電所や変電所の設備の状態を監視しています。事故を防ぎ、そして、毎日の市民のみなさんの生活に必要な電力が安定供給できるようにサポートすることが私たちの任務です。

 現代の世の中は、電力が安定供給されることが前提で動いています。すなわち、私たちの仕事が、みなさんの仕事や暮らしを支えているのです。だから、大きな設備の点検をやり終えた後に感じる充実感は、とても気持ちがいいものです。

 また、取引先から私を指名してもらえたときは、信頼されていると感じられてうれしいですね。作業はチームで行うことが多いため、コミュニケーションが得意な人のほうが向いていると思います。社員の年齢層が若いので働きやすく、相談しやすいですよ。

会社を選んだ理由

 就活は、電気関係中心に行いました。ある時、出身地の岡山県での合同企業説明会に参加し、当社のブースを訪れました。社長のスピーチを聞いて「おもしろさ」や「情熱」を感じ、話しに引き込まれていきました。社長の人柄にも憧れを抱くようになり、この人の元で働いたら「おもしろそうだな」と感じて採用試験に挑みました。

 その後の社長面接で、社長から日立パワーソリューションズに出向する話を聞いて、とても魅力を感じました。

先輩からのMESSAGE わくわく!コーポレーション
わが社は「ワクワクコーポレーション」!

当社には若い社員が多いので、働きやすいです。日々、技術が進化する業界だから全部を覚えるのは大変だけど、それを「おもしろい!」と思える人、自分の仕事におもしろさを見出したい人に向いていると思います。

先輩の一日
(社内作業の日)
7:40
出社
8:00
朝礼
8:30
事務業務

報告書や、これから取りかかる現場の作業表など、必要な書類を作成します。

12:00
昼休憩
13:00
事務業務
19:00
帰宅
(社外作業の日)
6:40
出社
7:00
現場に向けて出発
8:00
現場到着、作業スタート
12:00
昼休憩
13:00
現場で作業
18:00
帰社 事務業務
19:00
帰宅
CAREER STEP
23歳 旭テクノプラントに入社。 24歳 Turning point 日立パワーソリューションズ」(茨城県日立市)へ出向。日立製品の検査業務をしながら特高受変電設備について勉強。 27歳(現在) 5月に自社に戻る。
キミも、旭テクノプラント物語に加わらないか!?
新卒採用
キャリア採用