機器の精度を証明する責任が重いぶん、お客様の感謝を実感できる仕事。
システム技術部 制御技術課 校正センター 校正員 2014年2月入社(出身校:奈良大学)

私の仕事について

 トルクレンチやトルクドライバー、マルチメーターなど、各種測定用具・計測器の校正業務を担当しています。校正とは、個々の測定用具・計測器の示す値と実際の値のズレを確認して数値化することです。定期的に校正することで、示す数値の判定基準を証明できます。それによって、その測定用具・計測器を使った製品の品質も保証されるのです。正しい数値を把握できていることで、防げる事故もあります。

 私の仕事は、校正作業と校正証明書の発行、梱包・発送業務、お客様への確認などです。一連の流れを説明すると、お客様から校正の依頼があった際に見積りを作成し、納得いただいたお客様から測定用具または計測器が送られてきます。それらをひとつひとつ校正し、校正証明書を発行。校正が完了したら、校正証明書とともに梱包して、お客様に発送します。発送の際、お客様に連絡して、到着予定日をお伝えします。

この仕事のやりがい・こだわり

 校正が完了した用具や機器をお客様に発送する際、直接電話で連絡すると、担当の方から「ありがとうございます」と言っていただけるんですね。その気持ちがすごく伝わってくるんです。そういうときは、すごくやりがいを感じます。こちらがきちんと対応すると、そのぶんだけお客様もお返ししてくださいます。だからこそ、「証明書」を発行する仕事なので、「きちんとしなければ!」と責任を感じています。

 入社したばかりの頃は、計測器の使い方もわからず、どのボタンが何の機能なのかわからなかったのですが、説明書を見ながら、ひとつひとつ頑張って覚えました。先輩社員のみなさんも、とても親切に教えてくださいました。校正依頼が集中する期間があるので、その時期は大変なのですが、みんなで助け合い、教え合いながら、精度の高い仕事を目指しています。

会社を選んだ理由

 学生時代は西洋史の研究をしていたので、「校正」って何?というところからネットで検索して調べました(笑)。それくらい、未知の分野に飛び込みました。

 面接で社長に直接会ったときに、仕事のことを親切に丁寧にわかりやすく説明していただき、とても話しやすく親しみやすかったことが印象に残っていたので、採用が決まったときはうれしかったです。入社後も、社長をはじめ、上司や同僚のみなさんがとても親切にしてくださいます。
先輩からのMESSAGE 文系でもOK!
文系出身でも大丈夫!雰囲気がよく、働きやすい会社。

私は文系出身なので、専門的なことを何も知りませんでした。それでも、確かな機関で研修を受けさせていただき、いまは一人で校正できるまでに成長しました。文系でも、女性でも、なじみやすい会社です。

先輩の一日
7:50
出社
8:00
清掃
8:15
全体朝礼
8:45
システム技術部朝礼
8:55
発送業務

校正が完了した計測器と校正証明書に不備がないかチェックして、梱包して発送します。

12:00
昼休憩
13:00
事務作業

見積り作成、午前中に梱包した機器に関する発送の連絡。

14:00
計測器の校正業務
18:00
帰社
CAREER STEP
1か月目 Turning point 先輩の指導で計測機の名前や種類などの基礎知識や、校正技術、配線知識を覚えて、先輩に教えてもらいながら一連の校正業務を担当。 3か月目(現在) 低圧電気講習、トルクレンチ講習、JEMIC計測技術セミナー(東京)を受講。
キミも、旭テクノプラント物語に加わらないか!?
新卒採用
キャリア採用